2009年からスタートした「音楽のエロス」コンサート、今回の秋で5回目を迎えます。

◆「音楽のエロス」プロジェクトFBページ

==============================

◆「音楽のエロス5」コンサート

11月1日(土)ヤヒロトモヒロ&井上敦 withハロハロ +金子飛鳥

開場16時、開演16時半 入場料/4,000円(学生2,000円)

11月2日(日)ヤヒロトモヒロ&井上敦 withハロハロ +梅津和時

開場16時、開演16時半 入場料/4,000円(学生2,000円)

開催場所:千種文化小劇場(名古屋市千種区千種三丁目10号)

==============================

「音楽のエロス」ダイジェスト版

eros5オモテ_20140913-1.jpg eros5ウラ_20140912_1.jpg

2014年09月16日

ヤヒロさんとの出会いとDUOの演奏

◆ヤヒロさんとの出会い、そしてDUOによる演奏
ヤヒロさんとは、3年半程前の「Shadows/Elan Vital Project」のレコーディングの時に、初めてお会いしました。また、新宿ピットインにおける同CDの「レコ発ライブ」にもご参加いただきました。

【Shadows/Elan Vital Project/VEGA Music Entertainmnt Inc.】
https://www.vme.co.jp/vme_src/cart/cd_buy3.asp?ARTIST_NAME=Elan+Vital+Project&TITLE=Shadows&SHOP_ID=VME
※試聴も出来ますよ!

2−3.jpg

その後、主宰する音楽教室で開催した「パーカッションワークショップ」の時の事...実は何となく予感があったのですが、突然「井上さん、ピアノ弾いて!」と言われました。
その時、何の打ち合わせもなく二人で音を出したのが、DUOを始めたきっかけとなりました。

どうやら僕はヘンテコリンなピアノを弾くようで、またヤヒロさんは何故かその「ヘンテコリン」を気に入ってくれたみたいで、その後も何回かDUOのライブに付き合ってくれました。

毎回「リハーサルなし、打ち合わせなし!」のぶっつけ本番なので、正に再生・再現不可能な「その日、その時、その場所で…」の一回きりの音楽になります。
そして、回を重ねる毎に、僕自身の音楽への考え方や感じ方、捉え方がどんどん自由に、どんどん幅が広がって行くのを感じています。

当初、僕は「不協的なる音」を指向していたのですが、ふと反対側を振り向いたら「美しいドミソの世界がある」事に気付いたのも、このDUOのお陰です。

このDUOで出来る事は、まだまだ色々とあると思います。
縛られず、時には縛られつつ…自由な音楽を創って行ければ幸せだと思います。

来年には、レコーディングやツアーを実現しようと、密かに企んでいます。

【毎度お馴染み?のYoutubeチャンネルです】
https://www.youtube.com/user/HALOHAL025

◆Tomohiro Yahiro (percussion)
ヤヒロトモヒロ(八尋知洋)
Website:http://www.tomohiro-yahiro.com/

少年時代をカナリア諸島で過ごした異色の打楽器奏者。山下洋輔、久石譲、さだまさし、等の公演やツアーに参加。「武満徹メモリアルコンサート」では、渡辺香津美、coba、鈴木大介と共にケネディーセンター、NYカーネギーホール等に招かれる。
ウーゴ・ファトルーソpfとのDuo「ドス・オリエンタレス」は2012年ラテン版グラミー賞ラテンジャズ部門6位、グラフィティ賞ジャズ部門最優秀賞獲得。同年8月、同Duoにて小澤征爾氏監修のサイトウ・キネン・フェスティバル松本に出演する。2012年2013年ドス・オリエンタレス南米ツアーを展開。
日亜混成バンドGAIA CUATRO、The Unforsaken Uncles、Los Hongos Orientales、Gio Duo等、多岐にわたり国内外で活躍中。

文中2−2.jpg

posted by ハロハロ at 05:39| Comment(0) | ヤヒロさんとデュオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。