2009年からスタートした「音楽のエロス」コンサート、今回の秋で5回目を迎えます。

◆「音楽のエロス」プロジェクトFBページ

==============================

◆「音楽のエロス5」コンサート

11月1日(土)ヤヒロトモヒロ&井上敦 withハロハロ +金子飛鳥

開場16時、開演16時半 入場料/4,000円(学生2,000円)

11月2日(日)ヤヒロトモヒロ&井上敦 withハロハロ +梅津和時

開場16時、開演16時半 入場料/4,000円(学生2,000円)

開催場所:千種文化小劇場(名古屋市千種区千種三丁目10号)

==============================

「音楽のエロス」ダイジェスト版

eros5オモテ_20140913-1.jpg eros5ウラ_20140912_1.jpg

2014年09月16日

「音楽のエロス」経緯

この「音楽のエロス」は、僕が主宰するジャズスクールの生徒さんを中心に結成したバンド「ハロハロ」のコンサートがその発端となっています。

当時、ライブハウスの在り方に疑問を持っていた事もあり、ホールを中心とした活動を模索していました。
それが2009年「音楽のエロス1」の開催に繋がり、翌2010年「音楽のエロス2」は2日間の開催となり、その中の1日は元ポンタボックスの水野正敏さんをゲストにお迎えしました。

表面.jpg

裏面-修正-4.jpg

2011年「音楽のエロス3」の1日目は、旧知のベーシストである、アルベルトベゼイラさんとのコラボに向井滋春さん、久米雅之さん、フランシスシルバさんを迎えた「ブラジル音楽」を演奏しました。

そして、2日目には当時リリースした「Shadows/Elan Vital Project」のレコ発最終ライブとして、水野正敏さんとのコラボに音川英二さんをゲストに、ハロハロのメンバーと一緒に「ギョインな今ジャズ」を演奏しました。
※ギョインとは、僕の勝手な造語ですが、要するに不協和音を多く含んだ音楽を指します。

HALOHALO_表面_0726.jpg

HALOHALO_裏面_072602.jpg

その後、原因不明の肩や背中の痛みに襲われ、約1年10ヶ月程、殆ど活動が出来ない状態が続きましたが、不屈の精神?で復活を遂げ、昨年2013年には「音楽のエロス4」の開催に至りました。
「音楽のエロス4」では、初の試みとして「ドスオリエンタレス」の公演を主宰しました。
そしてもう一日は、ヤヒロさんと僕とのDUO+ハロハロでのライブを行いました。

eros 4_??.JPG

eros 4_ura_??.JPG


「音楽のエロス」、ハロハロのライブやリハ、ヤヒロさんとのDUOなど、色々な映像や音源などアップしてあります。
Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/HALOHAL025

posted by ハロハロ at 05:43| Comment(0) | 今までの「音楽のエロス」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。