2009年からスタートした「音楽のエロス」コンサート、今回の秋で5回目を迎えます。

◆「音楽のエロス」プロジェクトFBページ

==============================

◆「音楽のエロス5」コンサート

11月1日(土)ヤヒロトモヒロ&井上敦 withハロハロ +金子飛鳥

開場16時、開演16時半 入場料/4,000円(学生2,000円)

11月2日(日)ヤヒロトモヒロ&井上敦 withハロハロ +梅津和時

開場16時、開演16時半 入場料/4,000円(学生2,000円)

開催場所:千種文化小劇場(名古屋市千種区千種三丁目10号)

==============================

「音楽のエロス」ダイジェスト版

eros5オモテ_20140913-1.jpg eros5ウラ_20140912_1.jpg

2013年10月19日

「音楽のエロス4」二日目のヤヒロさんとのDUOの考察

来週26日に開催される「音楽のエロス4」の二日目、ヤヒロさんと僕のデュオに、主宰するスクールの生徒さんとのバンド「ハロハロ」が加わります。

当日は、第一部はヤヒロさんと僕とのデュオ、そして第二部に更にハロハロのメンバーが入ります。

ヤヒロさんとは、2011年にリリースした水野正敏さんとのユニット「Elan Vital Project」のCD「Shadows」のレコーディングに、梅津和時さんと共にゲストしてお迎えしたのが初めての出会いです。

その後、新宿ピットインでのレコ発ライブや、スクールでのワークショップやミニライブに参加していただいたり…と、交流が続いています。

そんな中で、ほぼ偶発的に生まれたのがヤヒロさんとのデュオですが、このデュオは僕にとっても大いなるチャレンジになっています。

通常のジャズの編成は、例えばピアノ、ベース、ドラムのようなものですが、ヤヒロさんとのデュオの場合、まず第一にベースがいない!…そしてドラムではなく、パーカッション!!

とは言え、ベースラインをピアノの左手で弾く…なんて云うのは全くつまらない訳で、これは根本的に発想の転換をしなくては!?と、最初は随分焦り、色々と考えました。

今回は、まず一般に音楽を構成すると云われる様々な要素…つまり調性やハーモニー、テンポやリズム、小節や拍子などから、如何に解放されるか?をテーマに、色々な試行錯誤の「初めの一歩!」を聴いていただければと思います。

もちろん、従来の要素をきちんと踏まえ、また取り込みつつも様々な方法やアイディアで、そこから解放されたり、敢えて縛られてみたり…という感じです。

このヤヒロさんとのデュオは、僕の勝手な思い込みかも知れませんが、この先どんどん進化していく予感がします。

https://www.facebook.com/events/263553850436429/

最後に、僕のプロフィール...迷走しています!

https://www.facebook.com/notes/井上-敦/迷走するbiography/1376526015902299
posted by ハロハロ at 00:00| Comment(0) | 音楽のエロス4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

東京リハーサル

昨日は、26日の本番に向けてヤヒロトモヒロさんとのデュオのリハーサル&打ち合わせの為に上京しました。

ヤヒロさんには、忙しいツアーの合間にわざわざ貴重な時間を作っていただき感謝です!
ドタバタの日帰りで多少疲れましたが、とても有意義な一日でした。

新宿から京王線に乗って30分程の柴崎という駅の近くにある、グランドピアノがある某スタジオで、2時から5時までの3時間に渡ってヤヒロさんに色々遊んでもらいました。

今回の曲作りの方法は、事前に僕の方で10種類位の「モチーフの卵」のようなものを用意しておき、それを一つ一つ説明しながら、具体的にピアノを弾いて聴いてもらったり、一緒に軽く合わせてもらいました。

丁度クラシックの作曲家がやるような事を、即興でやって行こうかと。

ヤヒロさんはそれら「モチーフの卵」を持ち帰り、そこに様々なリズムを付加する事でその卵を「孵化」させてくれます。
何が産まれ出てくるのか、楽しみですね。

もちろん、本番はそれを更に二人であれこれと進化・変化・拡張・拡大させて行きます!

あとは同行したサックスのむっちゃんに入ってもらって、26日にハロハロと一緒にやる曲の一部を合わせました。
そして最後に時間が余ったので、三人でフリーセッションをやって終わりました。

この時は事前には何も決めず、何も話もせず…ただただ思いつくままに無心で音を出して行きましたが、これはこれでとても楽しいものとなりました。
色々と湧き出て来る感じで「超脱力ピアノ」が弾けました。

指の関節や手の内側が痛いので、指にテーピングをして臨んだのですが、この弾き方だと殆ど指への負担なく、それでいて一定の重さや質感のある音が出せます。
力ではなく、重量を利用しながら一瞬のタイミングを見計らって弾く…という感じです。

ともあれ、ヤヒロさんとは様々な方法で様々な音楽が創造出来る!という予感がしています。
「人力」のみではなく、打ち込みを使用した音楽もやって行こうと思います。

また、来年の千種でのエロスコンサートの話になりましたが、どうやらもの凄いメンバーが集結する事になりそうです。
これから出演のオファー、スケジュール調整等々をしていく事になると思いますが、本当に面白いものになりそうです。

また具体的な内容は、順次紹介して行きます。

1391661_457997520986244_1100994554_n.jpg


posted by ハロハロ at 00:00| Comment(0) | 音楽のエロス4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

来年のエロスの予約、取りました!!

おはようございます、随分と秋めいてきましたね。
今日は、来年のお話です。

随分と先の話ですが、来年の千種文化小劇場の予約が取れました!

名古屋市の施設は、1年前の同月の月初に「競合受付」が開催されます。
特に週末を使用したい場合は、この競合に参加しないと予約が出来ないので、先日イソイソと申込に行って来ました。

昨日の夕方に劇場から連絡があり、見事に「予約取れました」との事でした。

ふーっ、取りあえずはやれやれです。

来年は、10月31日(金)〜11月3日(月祝)までの4日間の予定です。

何と!4日間もやります!!
何となく勢いで4日も取ってしまいましたが、果たして大丈夫なのでしょうか...??

内容としては...ヤヒロさんとのデュオを中心に、毎日様々なジャンルのゲストを迎える予定です。
電化サウンドから超アコーステックサウンドまで、様々な「美しいギョイン音楽」を追求していきます。

また子供を中心に、ヤヒロさんの指導監督の下「アフリカンパーカッションアンサンブル」を結成し、一年かけて研鑽を積んだ上、出演してもらおうかとも思っています。

また従来のホールでのリサイタルに加えて、隣接する練習室にて様々なミニライブやジャムセッション、ワークショップの開催も予定しています。

ホールで仕込み・リハーサルをやっている時間帯で、練習室であれこれ開催しようという計画です。

勿論、修行バンド「ハロハロ」は様々な場面で様々な形で参加・協力して行きます。

更に...関連する教育機関との連携を進めて行きます。
仕込みやセッティングの手伝いや、リハーサルの見学など、生きた「制作の裏側」を体験してもらいたいと思っています。

とりあえず思いつく事はこの位ですが、一年かけてじっくり考えて行きます。

chikusa.jpg


posted by ハロハロ at 00:00| Comment(0) | 音楽のエロス4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。